平成26年度 - 3.浜名湖魅力発信隊交流会の開催

 浜名湖の豊かな地域資源を生かして、浜名湖の魅力を発信する浜名湖魅力発信隊員を始めとする団体等の皆様が集う交流会を開催しました。

  1. 開催日時:平成27年1月31日(土)13:30~16:30
  2. 開催場所:浜名湖れんが館(湖西市鷲津479-31)
  3. 内  容:
  • 基調講演 演題:「地域の資源を活かして地域の活性化を!」

       講師:伴 一郎 氏(大阪の水都賑わい創出実行委員会委員長他)

  • 連携活動発表 
    • 浜名湖連携活動モデル事業の事例報告
    • 連携活動実施団体の紹介

4.参加人数:65名

5.その他:交流会終了後に、同会場にて17:00から懇親会(参加費3,000円)を開催

交流会開始

交流会開始

多数の出席をいただきました

多数の出席をいただきました 


 今回開催した交流会は、”連携”がキーワードです。市民活動団体やNPO、企業が連携のモデル事業として取り組んだ活動が紹介され、観光、歴史・文化、コミュニティビジネス、環境保全、まちづくりなど様々な分野で活動する団体が情報交換し、連携のために「知り合う」ことを目的に開催しました。

基調講演

テーマ:「地域の資源を活かして地域の活性化を!」

講 師:伴 一郎 氏

講師プロフィール:大阪の水都賑わい創出実行委員会委員長/NPO法人全国街道交流会議理事/伴ピーアール株式会社代表取締役) ※2014年大阪で電気遊覧船による世界初の自然河川運航を開始

 水都・大阪での賑わい再生の仕掛け、観光PRグッズの開発、世界初のリチウムイオンの電気遊覧船の事業など歴史観たっぷりのストーリー性のあるお話、植物の”ヨシ”を使った水質浄化をビジネス用紙の開発で持続可能とした事例の紹介がありました。

多様な取組の紹介で、更なる浜名湖の魅力を発信するためのヒントをたくさんいただきました。

講師 伴 一郎 氏

講師:伴 一郎 氏


連携活動発表

 浜名湖連携活動モデル事業の事例報告では平成26年度に実施された2つの事業の紹介がされました。

「サイクリングや船でめぐる遠江八景」の紹介では、NPO法人浜名湖観光地域づくり協議会様から、“サイクリング”と“船”を交通機関としながら「遠江八景」を巡るモデルコースとマップを作製し、コースを試走した感想や課題、今後の展望などの発表がありました。

サイクリングで浜名湖を満喫」

サイクリングで浜名湖を満喫 

自転車と一緒に乗船

自転車と一緒に乗船

浜名湖観光地域づくり協議会発表資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.9 MB

「奥深い浜名湖ロマン旅」モニターツアーの紹介では、NPO法人浜名湖クラブ様から、企画のポイント、モデルコース、今後の展望についての発表がありました。また、「浜名湖アートフォト&動画コンテスト2014」の受賞作品の紹介もされました。

浜名湖アートフォト&動画コンテスト2014受賞作品

浜名湖アートフォト&動画コンテスト2014受賞作品

浜名湖クラブ発表資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.9 MB

浜名湖連携活動モデル事業を行った団体以外にも、浜名湖の豊かな地域資源を活かして浜名湖の魅力を発信している団体が活動内容や連携活動についての意見を発表しました。

静岡県からは2016年にわが国で開催される主要国首脳会議(サミット)誘致の取組について説明しました。

浜名湖の魅力で“最高のおもてなし”ができるよう、サミット誘致の実現に向け、県民皆様のご協力をお願いします。

サミット誘致の取組

サミット誘致の取組を説明


懇親会

 交流会の後、懇親会を行いました。

 浜名湖れんが館では飲食が可能ということで、今回は軽食や飲み物を地元の商店からケータリングして開催しました。管理する湖西市の商工観光課さんからの「研修会やイベントにご利用を!」という提案に、地元の団体さんからは「地元にこんないい所があったんだ」、「研修会をやりたい」という意見が早速出ていました。

懇親会では、初めて出会った団体もあり、あちらこちらで名刺交換や連携についての意見交換する姿が見られました。

2時間という時間はあっという間に過ぎ、最後に、“皆で連携してさらに「浜名湖の魅力」を発信していこう”と誓い合いました。