いにしえの町づくりの会

切り絵

切り絵

代表者 上嶋 裕志
連絡担当者  上嶋 裕志
住 所 〒431-1301
浜松市北区細江町小野269-4
連絡先 TEL 053-523-2958

ホームページ
E-maill fuwsha@maroon.plala.or.jp
活動開始時期 平成8年~
会員数 8人
主な活動
エリア・場所
浜松市北区

活動分野
主たる活動◎

その他活動◎

◎歴史・文化・芸術 ○観光、まちづくり、教育・自然体験、産業振興
活動目的 細江町の伝説や伝承を次の世代に残すための活動をしている。
行政が制作する説明板は文字しかなく、子どもたちには分かりにくいため、その説明板に絵を入れることにより子どもたちの関心を得ることができるよう活動している。

活動内容

  • 物語を切り絵にしている。
    始まりは大学生を公募し、地域に伝わる物語を採集・とりまとめるとともに、その活用を図るため、地域の母親を公募、母親たちが切り絵を勉強して物語の場面を切り絵で作成した。
  • 切り絵の説明板が35箇所設置されている。
    行政が設置する説明板に切り絵を付け加えた (行政看板33箇所以外に民間が作成した看板2箇所) 。
  • 切り絵で伝える「姫街道の町」ガイドブック発行
    1冊(約50ページ )500円、平成24年3月500冊発行、平成26年1月1,000冊発行。
  • 姫街道子ども自由研究
    姫街道をテーマとした研究のフォーマットを作成し、子供の夏休みの宿題等の手助けとする。

浜名湖地域の資源・魅力の発信のためにできること

  • イベントの自主開催、イベントへの参加(出展)
  • 体験学習等の場の提供
  • 講師・ガイド
  • 情報発信(団体の情報ツールを使って )

今後の活動や方向性等(交流・連携に関することを含む)

【今後の活動等】

 新会員を募集しながら地域の新たな物語を発掘し、これを題材に切り絵の紙芝居やカルタを作成することにより、子供たちへの物語の伝承を図っていきたい。

【交流・連携に関すること】

  • 姫街道連絡協議会、姫街道未来塾、山梨県きり絵の森美術館との交流・連携実績がある。

【交流・連携のために求めること】

  • 浜名湖地域におけるWeb上の交流サイト                  
  • マッチングの機会・交流会の開催
  • それぞれの活動見学会                  
  • 一般向けモニターツアーの開催

【その他】

  • 前回の浜名湖花博では「花の切り絵」のワークショップを開催した。