南浜名湖コム

南浜名湖.com

南浜名湖.com

代表者 氏原 一郎
連絡担当者  氏原 一郎
住 所 〒431-0214 浜松市西区舞阪町弁天島3285-15 大和丸文マンション702号
連絡先 TEL  090-7020-8144

ホームページ http://minamihamanako.com/
http://shlakers.hamazo.tv/
氏原一郎:https://www.facebook.com/ichiro.ujihara
E-maill ichiro@minamihamanako.com
活動開始時期 平成23年4月~
会員数 協力していただける南浜名湖の多くの皆さん
主な活動
エリア・場所
浜松市西区 舞阪・雄踏・村櫛・新居鷲津近辺までを南浜名湖と呼び取材対象地域とする。

活動分野
主たる活動◎

その他活動◎

◎産業振興  〇自然・環境、観光、歴史・文化・芸術、教育・自然体験、漁業・水産加工・海辺の生き物
活動目的 浜名湖は観光地・消費地としてPRされ認識されているが、南浜名湖(舞阪・雄踏・村櫛・新居など)は海と浜名湖の幸を水揚げする産地として、多くの漁民、仲買、加工業者に支えられている。食を通じた海の遊び基地でもある浜名湖の魅力を広く伝えることを目的とし活動している。

活動内容

■毎日更新のネットでの情報発信:ブログ「南浜名湖あそび隊!」は開設3年で170万アクセス、1日約1500アクセス、月5万アクセスの広報力で産地情報を発信中。南浜名湖.comはブログ「南浜名湖あそび隊!」でカテゴリー毎の情報のまとめ読み

サイトとして運営中。

  • 南浜名湖にある港、舞阪港・雄踏港市場の取材による季節の魚・生き物の紹介
  • 舞阪港の漁別(カツオ・活ダイ・底曳き漁など)に乗船し、海の漁の実際をレポートし紹介
  • 舞阪大太鼓まつり・弁天神社の取材と紹介
  • NPOはまなこ里海の会・舞阪の自然を守る会等の海を活動場所とするイベントに参加しレポート紹介
  • 舞阪漁港えんばい朝市のアドバイザーとして集客広報し、当日レポートをネットで紹介して次回集客に貢献
  • 舞阪朝市・ひもの朝市など舞阪の海産物の朝市を集客広報、レポートを紹介
  • 弁天島の朝の風景と出漁情報や旬の情報をほぼ毎日紹介
  • 浜名漁協採貝組合連合会に協力し浜名湖のアサリ種苗を取材、編集、紹介
  • 浜松市に協力、うなぎの放流回帰作戦の取材、広報、紹介
  • 舞阪しらす漁の紹介動画を地域ブログポータル「はまぞう編集部」と共に製作、紹介

■テレビ局の取材・ロケハンサポート(NHK・SBS・名古屋テレビ等)


浜名湖地域の資源・魅力の発信のためにできること

  • イベントの自主開催
  • イベントへの参加(出展)
  • イベントでの広報手伝い
  • 読者へのイベント参加呼びかけ
  • 体験学習等の場の提供
  • 講師・ガイド
  • 情報発信(団体の情報ツールを使って )
  • 浜名湖の資源の販売
  • 販売・PRの場の提供
  • 多くの漁師さん、仲買さん、加工業者さんと連携可能

今後の活動や方向性等(交流・連携に関することを含む)

【今後の活動等】

  • 効果的なイベント実施のため、活動団体連携による地域内のイベント情報を集約化し、発信する役割が担える。

【交流・連携に関すること】

  • 浜名漁協、浜名漁協採貝組合連合会、はまなこ里海の会、舞阪の自然を守る会、舞阪漁港えんばい朝市実行委員会、浜名商工会等、多数の団体との交流・連携実績がある。
  • 今年は舞阪漁師ブランド、浜名湖漁師ブランドとして漁師さんと連携し魚の紹介を行う。
  • 現場には情報が多くあるが、連携する団体サイトに有償で情報を提供して活用いただきたい。

【交流・連携のために求めること】

  • 浜名湖地域におけるWeb上の交流サイト
  • 取材範囲を南浜名湖としており多くの魅力を発信し続けることができる。ただ多分にボランタリーな活動となり、情報を活用いただける団体やサイトがあれば情報連携し、活動の資金源となることを希望する。

【意見・提案】 産地にはハシリ、旬、盛りがあり、それぞれにテレビ取材などがあるが、一括した窓口を設けることで効率的な広報や取材となることが期待される。