浜名湖かんざんじ温泉観光協会

牡蠣カバ丼

牡蠣カバ丼

代表者 金原 貴
連絡担当者  佐藤 英年
斉藤 隆夫
住 所 〒431-1209
浜松市西区舘山寺町1832-1
連絡先 TEL  053-487-0152
FAX  053-487-0862

ホームページ http://www.kanzanji.gr.jp/
E-maill k-onsen@kanzanji.gr.jp
活動開始時期

平成28年5月~

会員数 92人 (賛助会員含む)
主な活動
エリア・場所
浜松市西区(舘山寺町)
浜名湖周辺

活動分野
主たる活動◎

その他活動◎

◎観光
○まちづくり、地域美化・緑化活動
活動目的 舘山寺温泉の魅力ある街づくりを推進し、観光施設の集積地としての浜名湖リゾートをめざし、多くの観光客が滞在をして快適に安心して過ごせる温泉地を目指して活動してしている。

活動内容

 旅館組合、料飲組合、喫茶・バー組合、商栄組合、のどこかに加入した協会員(正会員43社、準会員5社、賛助会員43社、特別会員1社)で構成されている。

 協会員の連携・協力により、浜名湖を地域の重要な観光資源としてとらえ、浜名湖の自然環境を守り、また活用することが、舘山寺温泉の魅力を増進、地域活性化につながると考え、様々な活動を実施している。

  • 地産地消の食材を使って観光誘客:遠州灘天然とらふぐ、牡蠣カバ丼など、地元の食材で観光資源の開発と誘客を図り地域活性化。
  • 観光情報及び観光協会の取組内容の発信:浜名湖及び周辺地域の観光情報をインターネットやパンフレット等を通じ発信している。季節毎(かんざんじファン発行)、毎月(広報かんざんじ発行)
  • イベント開催:協会員の連携・協力により、浜名湖や周辺地域での体験、灯篭流し花火大会など、浜名湖と親しむイベントを開催している。
  • 花壇・プランターの整備:地域を訪れた人に楽しんでいただけるよう、冬は菜の花、夏はポーチュラカ、ホテル玄関には特産のほおずきの展示などをして季節感を味わっていただいている。

浜名湖地域の資源・魅力の発信のためにできること

  • イベントの自主開催
  • イベントへの参加(出展) 
  • イベントでの手伝い
  • 会員へのイベント参加呼びかけ
  • 体験学習等の場の提供
  • 講師・ガイド
  • 情報発信(団体の情報ツールを使って )
  • 浜名湖の資源の販売
  • 販売・PRの場の提供

今後の活動や方向性等(交流・連携に関することを含む)

【今後の活動等】

  • 大草山と舘山の間に有料吊り橋を架けて周遊できる環境を作り観光に活かすことも目指している。
  • 浜名湖SAへ寄る800万人のお客様の一部でも今回の遊覧船に乗って浜名湖の魅力を体感してもらうことで、周辺地域への経済活性化の一助になればと考える。

【交流・連携に関すること】

  • 浜名湖観光圏として浜松市と湖西市を含めた各地域の観光協会や自治体、NPOと連携をして、オール浜名湖としての発信ができるようになってきたので、さらにすすめたい。

【交流・連携のために求めること】

  • 浜名湖地域におけるWeb上の交流サイト                  
  • それぞれの活動見学会                  
  • 一般向けモニターツアーの開催